石けんやエコロジー、日記など


by sekkenchan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:ナチュラルお掃除( 2 )

やかんがピッカピカ!

3年以上使っていたやかんの表面が黒ずんでこげついてくすんで汚くなりました。
重曹をふりかけて、かなのこだわしでこすったら、こげやくすみがみるみるおちて、ぴっかぴかになりました。
夫に見せたら、「新品のやかんみたいになったね」と言っておどろいていました。(ちょっとおおげさだとは思いますが)
そのうち写真も載せたいです。
重曹は、研磨剤のかわりになることをあらためて実感しました。


*追記*(05・2・25)

重曹自体が、ステンレスなどに傷をつけることはまずないそうですが、かなのこだわしは傷をつけることがありますので注意が必要です
私はとにかく焦げをとりたくて、とくに傷のことは気にしないで強くごしごししちゃったので、焦げはきれいにとれたけど、細かい傷がちょっとつきました。

ステンレスを傷つけたくない人は、重曹+アクリルたわしまたはスポンジなどを使ってやさしくこすったほうがいいといいと思います。(焦げはちょっと落ちにくくなるかもしれません)
[PR]
by sekkenchan | 2005-02-21 12:21 | ナチュラルお掃除

ナチュラルお掃除

もうすぐ、大掃除の季節ですね。
私は、年末をなるべく楽に過ごすために、もうチョコチョコはじめています。
今日は台所、今日は押入れなど、場所決めてやってます。

ところで、私は、ナチュラル素材で掃除をしてます。
私は大ざっぱなほうですが、ナチュラル掃除は楽しく続けてます。

合成洗剤を使ってするより、気持ちがいいし、なんだか楽しくてはかどります。
何々用とか、たくさんの洗剤を買い揃えるよりシンプルでおしゃれで安全です。
それに、私はペットを飼っているから、床掃除とかに合成洗剤とかは使いたくないです。
ナチュラル素材なら私は素手でも荒れません。(もちろん個人差はあるかもしれませんので、もし気になるようでしたらゴム手袋、ビニール手袋など着用されたほうがいいと思います。)
合成洗剤より手にもはるかにやさしいです。
それに、いくらお家の中がきれいになっても、環境が汚れていくのはいやだから、なるべく環境にも負担が少ない方法でお掃除したいです。

基本的に、石けん&ナチュラル書店でも紹介している本などにのっていた方法でしています。

汚れなど-使うもの

油汚れ、手あか、湯あか - 石けん、重曹(アルカリ性)
焦げつきなどの汚れ、気になるにおい - 重曹(傷つけにくい上に研磨効果)
水あか、石けんカス、- クエン酸、または酢(酸性)

排水口-重曹+酢+お湯

ナチュラル・クリーニング キッチンの材料でおそうじする 佐光紀子/著 ブロンズ新社
の本より。この本には、もっといろいろ載ってます)

あと、台所のステンレス、水あか、茶渋、焦げなどは、洗剤のいらないぺっぴんさんというメラミンスポンジ、を使ったら軽い力でぴかぴかになりました。(類似品でもだいたい同じ感じで落ちると思います。白ポケットマジピカなど)
私はこれらのまわしものではありませんが、使ってみたらよかったのでおすすめです。洗剤使わないし、水もちょっとですむから、環境にも負担が少ないし。
あまりにべたべたの油よごれとかは、これをつかうより、よくぼろ布か、古紙でふき取ってから石けんを使ったほうが落ちます。

これからも、いろいろ楽しく試してナチュラルお掃除続けていきたいです♪
[PR]
by sekkenchan | 2004-12-10 21:00 | ナチュラルお掃除