石けんやエコロジー、日記など


by sekkenchan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

どんどん増えるペットボトル

ペットボトルのリサイクルが始まってもう何年もたちますが、
生産とリサイクルのバランスが取れていないと思います。

リサイクルされずにたまったままの、大量のペットボトルの写真を見たことがあります。
リサイクルが追いついていないため、溜まってしまっているのです。
これは、どんどん増えていっているとおもいます。そうしたらリサイクルどころか、処分するしかなくなるのではないのでしょうか。

うちでとっている新聞の、読者欄に、消費者団体の女性が書かれていた記事があり、ためになりました。

「ペットボトルのリサイクルは、資源ごみとして、回収する自治体と、
ごみとして処分してしまう自治体があり、その処理費は自治体負担」だそうです。

この女性は、「NPOや埼玉県主催のリサイクル交流集会に参加されるたび、
ペットボトル生産者が処理費を負担するように訴えている」そうです

際限なく、しかも何もかも、ペットボトル入りにして販売して、空き容器の処理に何の責任のないのはおかしい」、と書かれていました。
そして、「私たちだけが、リサイクルに励むのはおかしい、どの市町村も余っている予算がない。」(それどころか、借金を抱える地域も多いと思います。)
「毎週一回、プラスチックごみが回収されるが、集積所は、大きな袋の山だ。生産者よ、よく見てほしい」、とかかれていました。

確かにそうだと思いました。
このままでは、ペットボトルはどんどん増え続けるでしょう。
それに、ごみとして処理せざるを得なくなったら、ダイオキシンだって大量に発生しそうです。

ペットボトルは確かに便利で、私も時々買ってしまうけれど、
このままでいいとは思えません。

この女性のおっしゃるように、生産者側も責任を持ってほしいです。
環境先進国ドイツなどでは、ビンを回収してそのまま、また再利用するなど積極的にされていると前に確か本で読んだことがあります。

ビンは重いとか割れやすいなどリスクはあるけれど、リサイクルには優れものだし、ビンでのむ飲み物は、私の経験だととても美味しいです。
たとえば、牛乳など、紙パックだと、紙の味がどことなくしみついている気がしますが、同じ牛乳でもビン牛乳はそのままの味でとても美味しく感じます。
また、ペットボトルの飲み物は、なんだか味気なく感じることもあります。(これは気分の問題かもしれませんが)

生産者側も見直してほしいし、リサイクルに責任も持ってほしいと思います。
同時に私たちも生活を見直して、工夫をしていくことが大切だと思います。
たとえば、なるべく、魔法瓶を使ったり、(魔法瓶はお気に入りです。保温・保冷も出来るし。シンプルなデザインのものも多いです)
専用のペットボトルを1度買って、それに毎回水の中身だけ入れるしくみでアルカリイオン水などを販売しているスーパーも増えてきました。これも利用しています。
環境にもあまり負担がかからないし、私たち自信も、ごみが増えなくて、生活も快適になると思います。
[PR]
by sekkenchan | 2005-02-22 18:19 | エコロジー&節約